Subscribe via RSS Feed

【セミナー】8月7日(土)14~17時 「アジアの新興国で必要とされるグローバルリーダーシップと、その磨き方」ワークショップ開催します!

こんにちは。最近、アジアやグローバルリーダーという言葉をメディアなどで日々目にするようになりました。これから、日本がアジアの一員として何が貢献できるのかを真剣に考えていく時代に入ってきたと肌で感じています。

今度、8月7日(土)に「アジアの新興国で必要とされるグローバルリーダーシップと、その磨き方」というテーマでワークショップをしますので、ご関心のある方ぜひご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◎アジアの新興国で必要とされるグローバルリーダーシップと、その磨き方
アジアの専門家、九門崇によるワークショップ 8月7日(土)開催
>> http://www.jobweb.co.jp/gift/seminar/new_seminar/1374/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本企業の海外現地法人の社数は、2001年に12,500社でした。
その後急激に国内企業のグローバル化は進展し、2008年には、海外現地法人数
は17,600社を数えるまでになりました。国内企業の海外現地法人が、1年あたり
700~800社、新規に設立されている計算になります。

商社やメーカーといった一部の企業だけが海外とやり取りしていれば良い時代
は終りを告げ、ありとあらゆる業種・企業が海外の企業とビジネスをしなけれ
ばいけない時代がいよいよ到来しています。

しかし、海外で事業を推進できる人材に対するニーズは高まっているものの、
具体的にどのような能力が求められるのか、どのように能力を磨けばいいのか
といった「問い」に関しては明確な答えをお持ちの人はまだまだ少ないことと
思います。

そこで、今回ご案内するセミナーでは、以前ジェトロ(日本貿易振興機構)で中国
・アジアの専門家として活躍し、現在は東京大学でも「グローバルリーダーシ
ップ」に関しての講義を持つ、GIFT-Japanのシニアアドバイザー、九門崇が
講師を努め、

・海外でビジネスを成功させるためにはどういった点に配慮すべきか。
・多様な背景をもった人材をマネジメントする際には何を意識すべきか。
・世界で活躍する人材にはどのような能力が備わっているのか。
・その能力は、どのように磨いていけば良いのか。

以上の点に関してワークショップと事例紹介を通じてお伝えして参ります。

将来、海外事業に取り組まれたい方、多様性やグローバル化の影響に関しての
理解を深めたい方、参加をお待ちしております。

参加申し込み・詳細はこちら
>> http://www.jobweb.co.jp/gift/seminar/new_seminar/1374/

九門崇のメディア掲載実績はこちら

http://www.kumontakashi.com/work

Category: 講演

  • Click to send this page to Twitter!
  • About the Author: